ホーム > CSR・環境 > コーポレートガバナンス

CSR・環境

コーポレートガバナンス

企業としての社会的責任を果たすため、経営の健全性、透明性をさらに高めてまいります。

 ダンロップスポーツはグローバル企業として成長するなか、社会への責任もますます大きくなることから、内部統制の整備も進めています。コーポレートガバナンス、コンプライアンス、リスクマネジメントをさらに強化し、経営の健全性と透明性をさらに高めてまいります。

「開かれた企業」としての約束

 当社は株主をはじめ全てのステークホルダーに信頼され透明性のある「開かれた企業」であることを基本的な考え方とし、コンプライアンスと経営監視機能の充実を図り、グループ会社も含めたコーポレート・ガバナンスを確立し、機能を強化していくことが、経営上の重要な課題の一つと認識しております。

  • ステークホルダーに対する説明責任を果たし、重要事項についての開示を適宜、適正に行います。
  • 株主利益が最大化される経営を行います。
  • 安全で優れた商品を顧客に提供し、当社商品の「ファン」を拡大していきます。
  • 各種法令の遵守を徹底することにより企業の透明性を高め、社会の信頼を得ていきます。
  • 不正の防止体制、経営のチェック機能を強化していきます。

 また、経営の執行に関しましては、取締役のほか、執行役員制度を導入しております。取締役においては、主要部門の経験があり、経営判断が適切に行える人選に配慮しており、執行役員については実務遂行上の判断能力に優れた人材を配置しております。
 監査機能につきましては、当社は監査役設置会社の形態をとっており、4名の監査役を選任しております。専門分野の見識に長けた人材を登用することにより実務的監査機能を高め、取締役による経営判断に対して公正な評価ができることを目的として選任しております。

会社の機関・内部統制の関係


詳細につきましては、IR資料室内コーポレート・ガバナンス報告書をご覧ください。

Page top