事業内容

ゴルフ科学センター

なぜよく飛ぶのか。なぜ打ちやすいのか。

ゴルフに対する基本的な疑問。
この「なぜ」を探求することが、ダンロップゴルフ科学センターの役割です。

素晴らしいスコアや快適なプレーは、ゴルファーのスイングとボール、クラブとのベストマッチングにより生まれます。
そのため、「ショットの瞬間の状態」を正しく把握することが非常に大切です。
ダンロップゴルフ科学センターでは、トッププロからアベレージゴルファーまでのあらゆるタイプのスイングや、スイングとクラブとの関係、さらには新しく開発されたボールの特性など、膨大なデータを集積し、総合的に測定・解析・評価しています。
そして、さまざまな条件下で繰り返された計測やテストの結果を設計部門へフィードバックすることで、よりよい新商品づくりへとつなげています。
また、ここでは、プロゴルファーへの技術サービスの一環として、スイングの連続写真の撮影とその解析も行っています。

ダンロップBCS理論

ゴルフをプレーする上で重要なのは、「ボール(Ball)」「クラブ(Club)」「スイング(Swing)」のベストマッチングだと当社は考えており、そのイニシャルをとって「ダンロップBCS理論」と呼んでいます。
この理論に基づく商品を生み出すために、速度、打出角、スピン量など飛距離に関する詳細な計測を実施。さらに、ゴルフボールが打たれた時の変形挙動や衝撃力、打撃音など、フィーリングに関する計測も行っています。

●レーザー方式速度角度計測

インパクト直前のヘッド速度や、インパクト直後のボールの初速、打出角度、左右振れ角度を計測します。

●3次元スピン量計測

高速画像解析により、ゴルフボールのバックスピン、サイドスピン、軸スピンの状態を同時に観察。3次元スピンをリアルタイムに計測します。

 
●クラブ進入挙動計測

ゴルフクラブのインパクト直前のクラブ挙動をフェースの向きやヘッドの進入方向の画像解析により連続計測します。

●3次元風向風速測定システム

風の状態をレーザードップラー法により3次元で計測。他の気象データと併せてゴルフボールの飛距離、弾道を正確に分析します。

 

その他にも、さまざまな計測を行っています。
●インパクト変形挙動解析 ●衝撃力波形解析 ●音響解析 ●スイングモーション解析

  • デジタルインパクト
  • テクノロジー
Page top